前歯の部分矯正/5つのメリットと5つの大きなデメリット

前歯だけの部分矯正

矯正治療に興味あるけど、費用が気になってなかなか治療の決心がつかない、部分的な矯正治療なら安く済むはず、とりあえず気になる前歯だけ治したい・・・とお考えの方も多いことでしょう。

チャレンジしやすい部分矯正。そのメリットとデメリットをお伝えします。

1.部分矯正とは?

矯正治療は通常は全体的に歯並びを治す治療です。しかし、限局的に歯の位置がずれていたり気になる場合はその部分の歯だけを治します。

治す本数も少ないので、治療期間が短い、費用も少なくて済むと考えられています。部分矯正

2.部分矯正はどんな歯にできるの?

2-1.奥歯がしっかり噛んでいるのに前歯が1本だけ反対の噛み合わせになっている

が前に出るスペースがあるのに一本だけ内側に入っている場合、裏側からその一本だけに力をかけて押し出すことができます。

2-2.スペースが開いているのに歯が少し曲がっている

スペースを利用して歯を並べることができます。

2-3.出っ歯になっているが歯と歯に隙間がある

歯を内側に傾斜させて出っ歯を治すことができます。

3.部分矯正のメリットは?

 1.歯を並べる十分なスペースがあれば短期間で歯を並べることができる。

 2.大掛かりな装置を使わなくてもよい。

 3.痛みが少ない。

 4.治療費用が高額にならない。

 5.チャレンジしやすい。

4.部分矯正のデメリットは?

1.後戻りしやすい

一見、その歯だけ動かせば簡単にきれいに並ぶと思えても、実際の原因はその部分だけではないことが多いものです。

しっかりと診査診断し、全体的な噛み合わせを考えて治療に臨まなければ、原因が放置されたままということになり、また矯正前の状態に戻りやすいのです。

2.歯の移動量や動く方向に制限がある

矯正治療では顎骨内で歯を移動します。歯を動かす範囲を限局的にする部分矯正では、その範囲内で歯並びを整えることになりますし、対合する歯を動かさないので、その方向にも制限があります。

3.スペースがなければ歯が並ばない

歯列を上顎・下顎、別々に平面的に考えても、出っ歯やガタガタを治すスペースがなければ歯をきれいに並べることはできません。少々のスペース不足であれば、歯の幅を少し削ることにより並べることができるかもしれません。

しかし、歯は対合する歯の位置により移動するので、平面的にスペースがあったとしても、上下顎の全体的な噛み合わせによってはきれいに並ばないことがあります。平面的にだけスペースの有無を考えて部分矯正をするのは、そもそも原因の解消にはなりません。上下的なスペースも大きく影響するのです。

4.歯を削ることがある

前歯に少しのスペースがあったとしても出っ歯を内側に入れるだけの隙間、もしくはガタガタをまっすぐに並べるだけの余裕あるスペースがなければ、歯を削って幅を狭めて並べることになります。

5.治したい歯ではない歯が動いてしまうことがある

歯を動かす場合には必ず固定源が必要です。動かす歯と固定源となる歯の引っ張り合いで歯は動くのですが、その力関係が原因で、思わぬ方向に固定源の歯が動いてしまうことがあります。

アンカースクリュー(インプラントアンカーと表記されることもあります。)を使用すれば、その他の歯が動いてしまうことはありませんが、アンカースクリューは1本の歯の位置を動かすことはできますが、きれいに歯を並べるためには3次元的に歯を動かす必要があり、アンカースクリューだけではできません。

5.まとめ

簡単にチャレンジしやすい部分矯正だと思っても、”こんなはずじゃなかった”という結果になるかもしれません。低料金で済むから…と思っていても、結果的にはもっと費用が掛かることになるかもしれません。

数本の歯並びをだけを治したい場合であっても、十分な検査が必要です。見た目ではわからない出っ歯やガタガタの原因が、検査で初めて明らかになるかもしれないのです。

気になる部分だけ並べば十分と安易に考えず、デメリットをしっかり考えてチャレンジしてください。