大人の矯正の顔の変化のリスクと大人の矯正の2つの価値ー経験者の声

40代笑顔に自信を持てた矯正患者

  大人の矯正に関心はあるものの、①ほうれい線が深くなった。②鼻の下が伸びた。③顔が激変した。 などのリスクを耳にして、悩んでいませんか?ここでは、大人の矯正による顔の変化のリスクとその対処法と、実際にはあまり理解されていない、大人の矯正の価値についてお伝えします。そして、40代の矯正経験者の声を紹介します。リスクを踏まえて、矯正するべきかを決める参考にしてください。

40代笑顔に自信

1.ほうれい線や鼻の下の長さなどの顔の変化のリスクとその対処法

 一般的に矯正治療では、犬歯の後ろの歯(第一小臼歯)が抜歯されることが多いようです。なぜ抜歯するかというと、歯の大きさより歯が並ぶ土台の骨の大きさが小さいために、歯が並びきれないからです。しかし、不足しているスペースも抜く歯の大きさも、人それぞれであるために、歯を抜くとスペースが余ってしまうこともあるわけです。そういう場合、口元が引っ込み過ぎてしまう傾向にあります。歯を抜いたことによって、きれいに並べることはできますが、口元のボリュームがなくなってしまうのです。そのため、頬や口元の皮膚のたるみができてしまいます。それが、ほうれい線が深くなったり、顔が老けてしまう主な原因となります。

 では、その対処法についてです。最も大事なことは、できるだけ歯を抜かないことです。私の30年の経験では、犬歯の後ろの歯を抜かなければ、ほうれい線が深くなったり、顔が老けたというケースはありません。

 また、抜かざるを得ない場合は、顔の筋肉の筋トレをすることをおすすめします。口の周りの筋肉(口輪筋)は18歳を過ぎると衰え始めると言われています。従って、矯正しなくても40代には口輪筋の老化は徐々に進んでいるわけです。ですから、顔の筋肉(表情筋)や舌の筋トレを毎日、続ければ、顔の血行も良くなりほうれい線の改善にもつながります。

2.大人の矯正の2つの大きな価値

2-1. 歯を守ることができる

  歯医者の立場からは、「歯を守るのに役立つ」というのが矯正の最大の価値かと思います。

 近ごろでは、子供の虫歯はかなり減少しています。2016年度の学校保健統計調査によると、12歳の虫歯あるいは虫歯の治療済歯は0.2本です。ところが、30年前は5本でした。つまり、現在の40代以上の大人は12歳の時にはすでに5本の虫歯あるいは虫歯の治療済の歯があったわけです。 

 さて、それではご自分のお口の中をチェックしてみてください。ほとんどの大人は奥歯5本ほどがすでに治療済の歯になっていることと思います。金属であったり、セラミックという白い歯になっていたりと様々な治療がなされていることでしょう。 

 では、これらの治療済みの歯はこれから、何年くらいキープすることができると思いますか? 実は40代後半から、少しずつ歯を失って行きます。そして、60代になると平均4.6本の歯を失ってしまいます。特に下の6歳臼歯という6番の歯は50歳で25%も失ってしまうのです。つまり、50代、60代、70代と年齢を重ねるにつれ、奥歯の大きな歯から失って行くというのが現状です。 

 しかし、矯正で倒れている歯をまっすぐに起こすなどして、かみ合わせを治すことで、この失いかけている歯を守ることができるのです。かみ合わせが良ければ、歯の寿命は長くなるということです。 

 ここでは、オープンバイトで奥歯が前に倒れていたのを矯正でまっすぐに治して、奥歯のかみ合わせが良くなったケースを紹介します。見た目の改善ばかりでなく、奥歯のかみ合わせが良くなったことに注目してみてください。

openbite before&after

 

2-2.自信を持って笑えるようになる

 笑顔の美しい人って素敵ですよね。「歯並びが悪いから、口元を見せたくない」という理由から、自分の笑顔に自信を持てない人が多いようです。また、最近では花粉症でもないのにマスクで口元を隠している若者もいるようです。しかし、口元を隠すことはコミュニケーションをとる上で、決して良い印象は与えません。40代になり顔の皮膚のくすみやシミなどが気になりだすと、ますます、顔の中で白色がある目と歯の明るい色が、若い印象を与えるのに重要となります。40代になって口元を隠している場合ではないのです。矯正して自信を持って笑えるようになることには大きな価値があります。 

 さらに自然な笑顔を作るには顔の筋肉のトレーニングが必要です。顔の筋肉は体の筋肉と同じように、使わなければ徐々に衰えてしまいます。また、笑顔美人は口で笑うのではなく、頬で笑うのがポイントだそうです。顔の筋肉を動かすことで、顔の血行が良くなり、それによってくすみの改善にもなります。

 笑顔に自信を持てるようになると、気分も明るくなります。ポジティブ思考へと変化していき、周りの人をも幸せにするのです。

3.40代の矯正経験者の声

43歳女性

1)痛みについて

 矯正初期、唇が傷ついた時、痛かった。また、中間期、調整して1週間くらいは、噛む時に痛みがあり、ゆっくりしか食べられないので、少しイライラした時もあった。

2)大変だったこと

  • 矯正器具に食べ物が詰まってしまうこと
  • 内側に生えていた歯を矯正するとき
  • 自分でゴムをかけていたとき

3)矯正して良かったこと

  1. 歯並びが良くなり、噛みしめながら食べられるので、食事も美味しくなった。
  2. 顔の感じがやさしくなり、笑顔に自信がついた。
  3. からだのバランスが良くなったと思う。
  4. 辛かった時もあったが、終わってみるといいことばかりです。

48歳女性

1)痛みについて

 「矯正は痛い」と聞いていたが、実際、始めてみると大きな痛みはなかった。先生とも話したが、抜歯していないから、歯の移動量が少ないからではないかということだった。

2)大変だったこと

 ・かたい物やお煎餅が食べられなかったこと

 ・外食すると、すぐに歯磨きができないから、ワイヤーに物が引っかかって嫌だった。

3)矯正して良かったこと

 ・見た目にすごく綺麗になったのが嬉しい。

 ・歯磨きがしやすくなった。

 ・歯磨きのスキルが上がった。

 ・口元を隠さず笑えるようになった。

4.まとめ

   大人の矯正は、老け顔になるというリスクもありますが、それは、抜歯(犬歯の隣の第一小臼歯)をしないことと顔の筋肉の筋トレという対策でリスク回避できます。また、大人であるからこそ、歯をできるだけ長くキープできるという価値を実感できます。素敵な笑顔を目標に前進してください。